ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2016.02.22 Monday

X-PM100 試聴店舗のご案内

何時も、Nmodeブログをご覧頂きまして有難う御座います。
大変好評を頂いております、X-PM100ですが東京地区で試聴出来るお店の紹介です。

東京は秋葉原の老舗オーディオ専門店「ダイナミックオーディオ5555」様です。
http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/top.html

Nmode製品は1階のサウンドハウスフロアにて展示しています。

X-PM7とX-PM100の聴き比べも出来ます。
非常に落ち着いた雰囲気の中で、とても親切なオーディオアドザイザーの方が説明してくれると思います。

お取引先の「ポーカロライン」様のブログでもご紹介頂きました。
http://porcaro.exblog.jp/

是非、一度お立ち寄り下さい。
2011.05.13 Friday

2つの音楽市場

 今回は全く異なる、音楽市場でのイベントに参加して来ましたのでその模様を報告させて頂きます。

一つ目のイベントは、
GWの始まる4月29日に秋葉原のスピーカークラフト専門店「コイズミ無線」様で試聴会を行いました。


毎回、こちらの店舗には熱心なオーディオファンの方に来て頂いてます。
リファレンススピーカー(X-RM100)も秋葉原地区初登場でした。
1時間半の講演の後は、フリータイムと言う形式で、長時間にもかかわらず、最後までご参加頂きました方々には感謝申し上げます。
今回はジャズ、クラシック、ポップス、ロックから演歌までと色々なジャンルの音楽ソフトを選び,聴いて頂きました。
Nmodeの試聴会はなんでも有りで、いかに音楽を楽しんでもらうかと言うところに重点をおいてます。
もちろん良い音で聴いて頂けるように、最善のコンディションに心掛けています。
受注生産のX-PM10の1bitサウンドはここでも大好評でした。
実際に、音を聴いて頂いてその場でお買い上げ頂いた方も居られました。
誠に有難いことです。


二つ目のイベントは、
5月7日に中野ブロードウェイにて店舗展開されている「フジヤエービック」様の
「春のヘッドホン祭り」に初参加してきました。


X-DP1(D/Aコンバーター)のみの展示参加です。
一日だけで約3000人前後の来場者で賑わう、超人気イベントです。
「ヘッドホン祭り」と言うくらいですから、ヘッドホンのメーカーさんや、ヘッドホンアンプ、DACのメーカーさんが多く、
日ごろ、私たちが「ハイエンドショー」などでお世話になっている音響メーカーさんとは一味違う切り口の展示展開が揃ってます。
当然ヘッドホンで聴くので、会場のあちらこちらで音が鳴っていると言うことはありません。
NmodeのブースもCD音源とPC音源を用意しました。iPodでも聴ける環境も揃えました。
通常の試聴会では時間帯を決めて、音出しのパフォーマンスを行いますが、希望される方には、
常時聴ける体制を取らなくてはいけません。
11時の開場(9時から並ばれているお客様の為に、約20分早くOPEN)から18時の終了まで、
沢山の方が来場されました。
Nmodeのブースも二つ用意していた椅子には、常にお客様が座っている状態。
PC音源やご自分のiPodなどでの試聴希望の方が多かったように思えます。
1bitのヘッドホンアンプは他に無いので、皆さん興味津々です。
殆どの方は、X-DP1のハイスピードでクリアな音の良さに、驚かれてました。
持ち帰り用の在庫も完売!
一日立ちっぱなしで足が痛くなりましたが、心地よい疲れとなりました。

この「フジヤエービック」様の「ヘッドホン祭り」も始めた頃は、数十人の来場者しか
無かったと言うことですが、今や毎回多くの来場者で賑わっているとのことです。

確実に今までとは違う、オーディオ市場がそこには有りました。
ネッワークオーディオの台頭も含めて、改めて今後の新製品開発に参考になる体験でした。

今週末からは「ハイエンドショー」が始まります。
Nmodeも「ポーカロライン」様のブースで出展してます。
リファレンススピーカー(X-RM100)も聴けますので、是非お立ち寄り下さい。

 

2010.10.21 Thursday

ジョイフル山口 (10/17)

 東京ハイエンドショーが明けての初の試聴会を山口のジョイフル様で行いました。
8月に1ヶ月丸ごとnmodeフェアでお借りした部屋にX-PM10,X-PM2F,それにリファレンスモニターをセットして持ち時間45分の予約制で行うスタイルです。

既に顔なじみになりました方々も期待を胸にたくさんいらしていただきました、ご自慢のCDを持参されて。
まずあらためて確認できたことですが、通電してしっかり音楽を奏でるまでに3時間かかることです。
これもこのスピーカーがあって確認できたことですが。ご愛用の皆様、これからお求めの皆様、1bitアンプはぜひ電気のスイッチは入れっぱなしで良いしょう。アイドリング消費電力は微量のエコアンプですから。
結論です。今回はかなりいい音が出て、音楽の表現力もよかったと自負いたしております。
リファレンススピーカーはまだまだ荒削りなところもあり、試聴いただいた方々から貴重なご意見やご感想を頂き、逐一メモを取らせていただきました。
会社に戻って再度チューニングします。
しかしすごいところもありました。アンプを固定していくつかの他社様のスピーカーをつないで購入目的で聴き比べしておられた一人の方が
「ありがとうございました」と席を立たれかけたのですがまだ5分あったため「折角ですからこの自社スピーカーも一声聴かれませんか」とお声をかけ、
その鳴りだした音にびっくりされました。50代が好きな若かりし頃のアイドル歌手の曲ですが、びっくりしたのは実は我々の方も同じで、その方は、その後20キロ以上離れた自宅にCDを取りに戻られました。
ついついあら探しで音を聴いてしまいがちですが、時々それを吹き飛ばすようなすごさを見せつけるスピーカです。
ネットに露出して以来話題の絶えないスピーカーですが、あくまで自社のアンプなどの開発用のツールとして創り、採算の方程式に乗らない代物ですが、
しかし、自慢傲慢馬鹿の内とは申しますがそれにしても時折見せるすごさの片鱗に自身が魅了されつつあります。
前回も書かせていただきましたが山口の方は本当に音楽愛好家が多いですね。それも濃〜い方が。ジャンルも広いです。感心させられました。
あまりに素晴らしいCDなどは、厚かましいのですが番号などメモらせていただきました。
X-PM10 ,X-PM2Fの出力10Wについても討論する場がありました。10Wしかない。10Wもある。10Wでいいじゃないか。
車やオートバイのレースでは排気量制限があります。その中でどこまでやれるかを競います。1Lのガソリンで何キロ走れるかなどもありますね。
10Wでどれだけ音楽を表現できるか、0.1Wで、0.01Wで、0.001Wでピアノの指のタッチが出せるか。これへの挑戦じゃないですかと言われた方がいらっしゃいました。
まさに切り口の違う見方です。感心させられました。
今回も来て頂いた方々は「こんな音は今まで聴いたことがない。素晴らしかった。ありがとう。次も期待してるから」と言い残して帰って行かれました。
お気をつけてまたお会いしましょう。
今回の機会を提供いただいた山口ジョイフル様重ねてお礼申し上げます。
足を運んでいただいた皆様、ありがとうございました。
2010.10.04 Monday

吉田苑緊急試聴会

 10月2日、3日と福岡市内のオーディオショップ吉田苑様で試聴会を開催させていただきました。
折しも吉田苑様は創業20周年記念とのことで、10月8日からの東京ハイエンドショウに先駆けて、nmode の新製品を公開、聴いていただきました。

新製品はサンプリング周波数を今までの2倍に高めた24.5MHz 1bitデジタルアンプX-PM10とその成果をフィードバックしたX-PM2Fです。
朝から吉田苑様の常連の強者の方々が多数お見えになられました。それぞれ試聴CDを携えられて2つのアンプを聴き比べていただき大変貴重なご意見やご指導を頂きました。
しかし実は皆様のお目に止まったものは他のものでした。アンプにつながれた見慣れないスピーカーです。
本来は東京で初披露の予定でしたが、20周年でもありますし、一度は販売店の店頭で音を確認するのもよいと判断したためです。それに吉田苑の方々は歯に衣を着せないというか、悪いものは悪いとはっきり申されますのでその意見も聞いておきたかったからです。
それは、Nmodeリファレンススピーカーでした。私どもは今までいくつかのメーカー製の既製品スピーカーで音の確認を行い、また各地の試聴会ではそのご好意にすがってきたのですが、そろそろ自社の音の基準となるスピーカーを持つ時が来たとの思いで作ってみました。材料費と人権費は考えずにベストと思えるものを試行錯誤の上、なんとか形にしました。
興味をお持ちの方は10月8〜10日のハイエンドショーで聴いていただけます。またその後各地の販売店様での試聴会のおりには連れて行くつもりです。

吉田苑様はリリック福岡営業所と同じ市内ですし、日頃ご指導やご意見もいろいろ頂き、nmodeを応援していただいております。その原点はシャープの1bitの時代にいち早くその性能に着目され、その可能性に期待をされたことに発するようです。

拝見していて、実にこと細かくお客様のお悩みやご相談に対処されておりますし、ただ高いものを押し付けたりなど絶対にされません。自ら「庶民の見方」と申されておられますが、しっかりした審美眼で多々あるオーディオ製品の中から逸材を見抜いて、場合によっては自ら手を加えて自社薬籠中のものとされておられます。

社員の方々はこれまた実に個性的でいろんなことに精通され、その幅と深さに驚嘆させられ、普通の人である私など足下にも及びません。
二日間にお越し頂きましたお客様、ありがとうございました。nmodeはこれからも皆様にささえられて成長して行きます。
吉田苑様、ご協力ありがとうございました。これからも良きオーディオ店であって下さい。


既に吉田苑様サイトで御紹介されていますが、折角、当社リファレンススピーカーのお話になったので少しこのスピーカーの事について触れておきます。
このスピーカーは当社のアンプ開発の際のモニタリング用に開発したものです。
非常に細かな音の差を表現してくれるスピーカーでアンプ開発の際、重宝しました。

形式は2Wayバスレフです。
普通のバスレフポートは背面にありますがこのスピーカーは底面に付いてます。

これは当社の試聴室が狭いせいもありますが、スピーカー置き場所の自由度は高くなりました。
おかげでスピーカースタンドは専用ですが・・・。

写真では分かりにくいかもしれんが、リアの出っ張りはウエイトです。
スピーカー前面に重いユニットがついているのでバランス取りにリアに錘を付けました。
お陰でドッシリ落ち着いた低音が出てきました。


キャビネットも高剛性を狙って、20mm厚削り出しA7075アルミ板を使用して箱鳴りを極力抑えた設計です。
ご覧のようにNCフライスを使って削り出してます。

本スピーカーは今後、出張試聴会等で使っていこうと思っています。
まずは、来週東京ハイエンドショウにお披露目しますので、ご来場の際は是非お立ち寄り下さい。

2010.09.27 Monday

第一無線様、試聴会レポート

愛知県豊橋にある第一無線様で9月19日(日)にNmodeの試聴会を行いました。
オーディオファンから映像ファンまで幅広く、多くのお客様を抱える、有名店です。

以前からNmodeの製品を数多く販売して頂き、福岡の吉田苑様の改造品まで
品揃えにされている、懐の広いお店です。

今まで、既存の製品の試聴会などは独自にされていましたので今回は、
この秋に発売予定の新製品のプロトタイプ2機種を持参しました。
山口のジョイフル様、東京町田のカンタービレ様に続き、東海地区では初のお披露目です。



前日の夕方からセッティグをし、音出しをしていると
「明日は来れないので、聴かせて下さい・・・」
と数人のお客様が試聴室に入って来られました。
箱から出したばかりなので、なかなか目覚めが悪かったのですが、時間が立つにつれて、
本来の抜けるようなスピード感が出てきました。
お客様の持参のCDもおかけして、新製品のポイントをご説明しました。

中には、X-PM1、X-PM2改造機の両方を保有されてる方もいらっしゃいました。

その日は、電源を落とさずにエージングして頂くお願いをしてホテルに帰りました。


当日も午前中から熱心な方が来られて、色々な音楽を聴いて頂きました。

サンプリングを24MHzに上げた新製品のX-PM2F(予価:14万円)は、
X-PM2やX-PM2改造品(吉田苑様には申し訳ないのですが・・・)を凌ぐ、、
スピード感や低域の押し出しの効く音に、満足されていたと思います。
電源別筺体(2電源)のX-PM10(予価:33万円)は、
それを更に上回る次元の違う音に、皆さん驚かれたようです。

試聴室には最大で5〜6名までしか入れないので、お客様には待って頂いたりして、
ご不便をお掛けしたと思います。
殆ど、休みも取れない程に、大勢のお客様に試聴して頂きました。
改めて第一無線様のお客様の層の厚さに、驚かされました。

本当に、有難う御座いました。
既に、第一無線様のブログでも掲載されてます。
http://nekosannooheya.cocolog-nifty.com/daiichimusen/2010/09/nmodenew-040b.html

新製品の開発に関してはいよいよ、最終段階に入ってます。

今のところ10月1日を発売予定と考えております。
最終仕様バージョンのお披露目は10月8〜10日のハイエンドショーになります。
http://www.hi-endshow.jp/

ご紹介した2機種以外にも、隠し玉を幾つか予定してます。

今年のNmodeにご期待下さい!

2010.08.19 Thursday

JOYFUL山口 ロングラン試聴会3

 丸ごと1ヶ月nmodeフェアもいよいよメインイベントです。
今回は各輸入商社様のご協力で様々な歌姫(スピーカー)たちが揃いました。
サイズもブックシェルフからトールボーイ、価格帯もお手頃から車が買える程の高額品までと魅力的で個性的な姫君たちです。

今回は弊社社長の布村も参加させていただきます。
基本的には事前予約制で1人づつですが、開始するとその間のわずかな隙間にも聴きたいとのご要望なのか、朝から夜まで途絶えることなく、店長の見事な割り振りで順調に進んで行きました。
1日目が終わって社長から出た言葉がそれを物語っています。
「こんなに時間が経つのが早かった試聴会ははじめてだ〜」
私もいままでの経験から
「こんなに濃いい方々ははじめてだ〜」
さぞかし歌姫達も力が入ったことでしょう。
クラシックファンが7割くらいの感じです。そして大半が音楽ファンです。
nmodeのX-CD1から1bitのX-PM2で、某社の高額トールボーイを鳴らしたときがもっとも素晴らしく、部屋の場のクオリティがグ〜ンと上がった感じがしました。
部屋との相性もあります。他の2つも違うところでそれぞれ驚くほどの感動をもらいましたから。
X-PM2は89800円、10Wの力で価格差30倍近い姫君をかなりのところまで鳴らしたと自負してます。
私たちも毎回新たな発見をしています。
ご自慢のCD、うまく鳴らせないCD、入っているはずなのに出て来ない音があるCD、たくさんのお越しいただいた方々、今回はいかがでしたか。

-----------------
山口は私にとって第2のふる里です。大学時代を4年間過ごし、東京、名古屋で仕事をしてUターンして3年ほど暮らした街です。

妻も山口の生まれ育ちです。静かで、落ち着ていて、時間がゆっくり流れています。
ここに住むと、幕末から明治維新にかけて多くの逸材が出たのかよくわかります。
中央から遠く離れていますが、なぜかよく見えるのです。海外に行って日本がよく分かるように。
そんな山口のオーディオファイルの方々も他県とは少し趣が異なる、音楽好きが多いように感じました。
先にで濃い方などと失礼を申しましたが、音楽愛好家、研究家とでも言いましょうか、やはり濃いい方々です。
ガレージメーカをやっていますと、常に上昇方向を見て日々専念しますが、一歩誤ると特殊化して自己陶酔の世界に入り込んで
しまうことにもなりかねません。その先には緩やかな死が待ってます。
オーディオはバランス感覚が大切に思います。こうして試聴会などで多くの方々とお会いしお話を伺い、愛聴盤を聴かせていただくことはそのまま私たちのミネラル補給になります。切り口の違う聴き方、価値観、オーディオ人生を伺うと多角的な発想の源になります。
私どもは1bitで邁進して行きますが、これからも厳しい目でご指導いただき、共に1bitを育てて行ければと思います。
久しぶりに夜に一ノ坂川を歩いてみました。ぜんぜん変わっていませんね。琥珀のコーヒーゼリーも昔のままでした。
今年はホタルはどうでしたか。来年はその時期に来てみたいものです。

私も側で聴かせていただいて、感動の時間をいただきました。
22日もおりますのでCDを持参の上お越し下さい。待っております。

2010.06.21 Monday

鹿児島明昭堂イベント


nmode−ラックスマン、ジョイントイベント イン明昭堂


日時:2010年6月12日(土曜日)13:00〜19:00 明昭堂3階オーディオフロアー

試聴機:
nmode      X-PM1,X-PM2,X-CD1,X-RK1,X-IS1
ラックスマン  L-509u
コンセンサスオーディオ Bogen 
クワドラル AURUM ORKANー


リリック創業2年目にして本社本拠地の鹿児島での初の試聴会開催となりました。

鹿児島のオーディオファンの皆さん、遅くなってごめんなさい。

桜島が結構噴煙を上げていて、低気圧が接近中、市内は灰まじりのつむじ風が舞っていました。

さて、試聴会はと申しますと、予定の13時になってもまだお一人も来られません。ちょっぴり心配になって時計をチラチラ。

関係スタッフだけの内輪試聴会が続きます。

30分くらいしておじちゃん(すみません)が1人ふらりと入って来られました。ありがたい。神様に見えました。

早速、布村社長がお相手をさせていただいて、まずは「どんな音楽を聞かれてますか?」「いや、音楽は聴かん」う〜ん、手強い。

しかし百戦錬磨の社長は全くひるまず、「テレビの歌番は見るでしょう」と秘蔵の歌謡曲(売ってません)などおもむろに取り出し、ぐいぐい引きずり込んだ行きます。

この方は最後までいらしていただいて、新しく来られる方にカタログなども配っていただき、nmodeファンになっていただきました(勝手に決めさせてもらいました)

福の神の登場で次から次からお見えになり、結果約30名ほど足を運んでもらいました。


年齢層は40半ばから60代が多くお見受けした感じでした。現役方から昔熱かった方まで幅広そうです。明昭堂さんの長い歴史を垣間みたようでした。

リクエストも多岐に渡りましたが、けっこう演歌のご要望が多く、そうなると俄然熱が入ってくるのが布村社長です。芸能界にはめっぽう強いですから。(変な会社です)

いい声を響かせていたのがコンセンサスオーディオの新製品Bogenです。ラックスマン社の取り扱いですが、nmodeの信条でありますハイスピード、高情報量の再生にその力を発揮してくれました。

しかし、今回はジョイントイベントですからラックスのプリメインアンプで一番高〜いL-509uもその豪華な外装をまとって、nmodeの横にで〜んと鎮座ましておられます。(手強そうです)
音を聞かせていただいてもさすが雄大です。

今回はもう1台、ネットワークジャパン様のご好意により、クワドラルのAURUM ORKAN-爾お目見えです。Bogenの半分ほどの金額ですが、低音がず〜んときます。上はリボン独特の澄み渡った音でした。

nmodeの価格からすると2つのスピーカーは高嶺の花的な組み合わせですが、主観ですが中々鳴ったと思っております。全国で武者修行などさせていただく折、時々ハイエンドスピーカーに挑まれることがありますが、

本番には強いのか(身の丈をわきまえないのか)結構鳴ってしまうことが多く思います。会場の皆様もご満足いただけた様子にほっといたしました。

若い方も4〜5名来られました。技術的なご質問も多く、熱心な方々でした。当社は小さなガレージメーカーですので、お悩み解決は得意です。(会社も毎日お悩みばかりですから)

nmodeを活用されて行く中でこんなものあったらな〜、とかこうしたいけどどうすればとか。ご相談はメールで下されば一緒に悩みましょう。

夕刻より我慢できなくなった空から大粒の雨が落ちてきました。これでホコリもおさまり綺麗になるかな。(知らぬが仏とはこのことです。後で泣くようなことに。鹿児島の人は知り尽くしておられます)

椅子が10脚くらいでしたので大勢の方が立ち聞き状態でした。しかしその中でいい音が鳴り響いています。聴く側と聞かせる側、いやいやそんな垣根はなくなっていました。

皆で好きな音楽を一緒に聞いて、オーディオってほんとにいいな〜と確かめ合いました。

気をつけてお帰りくださいとお別れして、雨降る天文館に向かいました。

鹿児島の食はバラエティにとんでいまして、そのどれもが焼酎に合うのです。

その味と焼酎に魅了された後、布村社長はそぼ降る雨の中を更なる酒場放浪に向かって行きました。その背中には今日の試聴会の成功とお会いできた方々の笑顔がいっぱい乗っててうれしそうでした。

明昭堂の新原さん、お世話になりました。

悪天候の中いらして下さったオーディオファンの皆さん、ありがとうございました。
 
2010.04.12 Monday

●お店紹介-3

今回は東京の町田市にある「カンタービレ」さんの紹介です。
(店内写真を撮影したのですが、私のミスで消してしまいまいた・・・申し訳ありません)

JR横浜線の成瀬駅下車。駅から徒歩で約10分位の位置に有ります。

店舗は住宅街のマンションの1階です。
店内は意外と広く(失礼!)試聴会をすれば20〜30名位は入れると思います。
代表の伏黒社長にお話を伺いました。

「最近のお客様の中には、オーディオ機器のスペックばかりを気にされて、
本当の意味で音楽を聴いている方が少ないように思えます。
たしかに高額な機器の中には高いスペック表示の物が多く、
それなりの表現力をする物も多く有ります。
ただ、音楽を楽しむ意味でのオーディオ機器は一つの媒体でしか成りえません。

将来的にはCDの音源はPCオーディオに変わると思い、日々勉強中です。
今やCD以上の音質のソースが数多く存在します。

そう言う意味でNmodeのアンプは、その音楽ソースの持っている楽しさを
そのまま素直に再生出来るハイコストパフォーマンスモデルだと思います。
Nmodeの布村社長とは、シャープ時代からお世話になっていたので、
ご自分のブランドを立ち上げられたとのことで、是非導入したいと思ってました。
正直言って、まだアイテムが少ないようですが、今後のラインナップを非常に楽しみにしています」

伏黒社長は三管式等の映像関係の施工までもなさる方なので、オーディオを含めた
ホームシアターの相談にものってくれます。

手引きのコーヒーミルでゆったりと豆を引きながらお話を伺い、
美味しいコーヒーを戴きました。
「カンタービレ」さんは、非常に真面目に真摯に、
オーディオに取り組まれていると言う印象を持ちました。

このブログをご覧の皆さんも、是非一度お立ち寄り下さい。
伏黒社長と、楽しい音楽談義が出来ると思います。

2010.03.01 Monday

お店紹介 2

 お店紹介第2弾は、愛知県豊橋にある名店第一無線様です。
大変楽しい明るい店で、どんな相談にも親切に丁寧に対応してくれる頼りになるお店です。

同店では先日、試聴イベントを催されました。
残念ながら当社スタッフは同席出来ませんでしたが、その第一無線様より
その時使用された当社製品のレポートを頂きましたので掲載いたします。
それにしても金子さん、ステキすぎます!!(笑)

以下、第一無線さまのレポートです。

------------------------------------------------------------------
○創業は昭和19年ですので地元に根付いて65年以上になります。
オーディオからホームシアターまで幅広く展開しております。
もちろん店舗は年季が入っておりますが、いち早く新しい商品の導入なども心がけております。


X-PM1は超シンプルな外見と、小型から大型のスピーカーまで選ばずに遠慮なく鳴らしてくれる所が凄いです。
X-PM2はこれまた超シンプルな外見と、ハイスピードな音の立ち上がりで小型スピーカーには正にうってつけのアンプです。
どちらのモデルもレスポンスが良いので、とても心地よくスピーカーをドライブしてくれます。
それゆえに、音楽を聞くのがとても楽しくなります。また、お値段も手頃なので、メインとしても、セカンドとしてもオススメしやすいです。

つい先日もホームシアターイベントにてマランツ製ユニバーサルBDプレーヤー『UD9004』のアナログ出力をNmodeの1bitデジタルアンプ『X-PM2』をフロントとリア用にDYNAUDIOのFOCUS110及び220�を使用し4.1Chにてイベントを行いましたがライブ音源などは凄い気
持ちよく鳴ってくれました。
店頭の組合せ的にはKEFやDYNAUDIO、ELACあたりをつないでご試聴いただくことが多いです。
最近は、某S社とスタイリングが似通っておりますので御遠方より比較試聴にみえる方も多数お見えになります。
現在福岡県の拘りオーディオショップ吉○苑さんのご協力を得ましてX-PM2レイスの販売も行っております。
ぜひ一度店頭にてお試し下さい。

●スタッフの紹介コメント


ホームシアターやオーディオに関わるネットワークを担当の金子です。
当店のホームページやブログ「ねこさんの部屋」を管理しています。
他がやらないようなおもしろいことが大好きで、私の愛車「WINDOM(ウィンダム)」も、その影響を受けてます(笑)

-------------------------------------------------------------

2009.12.24 Thursday

お店紹介 1

Nmode設立から1年が経過しました。
お蔭様で、新製品の「X-PM2」は各オーディオ専門誌等で、高評価を頂いております。

この度、スタッフブログを開設することとなりました。
全国のお店の紹介や、製品開発に向けての苦労話など自由な発想で、皆さんに情報発信出来ればとおもっております。

そこで今回はNmode製品が実際に視聴出来るお店のご紹介をさせて頂きます。

記念すべき第一回目に、東京は銀座にある「サウンドクリエイト」様をご紹介致します。


銀座4丁目の交差点を新橋方向へ行き
みずほ銀行と松坂屋の間の道を左に入ります。
三つ目の角を左に曲がり、二つ目の「第一銀座ビル」の6〜7階が店舗です。
落ち着いた雰囲気の中で、ゆったりとした時間を過ごせるオーディオ専門店です。

女性スタッフの枦山さんにお話を伺いました。

(美人の枦山さん!!)


「ウチのスタッフ全員が言っている事は、Nmodeの製品はコストパフォーマンスが高いと言う事。
X-PM1とX-PM2では全く別の仕上がりでお客様の好みが分かれます。

X-PM1は色んなスピーカーを悠々と鳴らしてくれます。特にX-CD1と組み合わせれば、厚みが有り明瞭な中にもコクがある音作りに出来上がっていると思います。

新製品のX-PM2は1ビットアンプと言うこともあって、繊細で非常にクリアな音作り。
オールジャンルを好まれる方はPM1、バイオリンなどの繊細な音や女性ボーカル等を好まれる方はPM2を選ぶ方が多いと思います。
又、PM2は89,800円と言うお値段からすると非常にハイコストパフォーマンスに仕上がっていると思います。

良く繋ぐスピーカーはエラックやB&Wが多いですね。その他にもハーベス、ピエガー、リンや古いタンノイやJBLなどを鳴らしたいと言う方もいらっしゃいます。

ウチは30代から70代まで幅広い年代の方が来店されていて、最近はiPodなどのポータブルデジタルオーディオが台頭しています。
そのようなヘッドホンでしか音楽を聴いていない方にも、2chで聴く音楽の楽しさを伝えられたらと思っています。
但し、こちらの押し付けでは無く、お客様のお部屋の環境や、お好みに合わせた音にどうやれば近づけることが出来るかと言うことを常に考えています。

現在は6名のスタッフでオーディオマニア向けでは無く、純粋に音楽を楽しみたい方へ、より良いシステムを提案したいと思っているので、その様な時に、Nmodeの製品は是非、お勧めしたいアイテムです。」

スタッフの枦山さんには非常に丁寧に、お話を伺いました。
ありがとう御座いました。
銀座の喧騒からは想像も付かない、ゆったりとした空間の中で、若いスタッフの方達が
親切にアドバイスしてくれます。

是非、皆さんも一度お立ち寄り下さい。
 

Powered by
30days Album