ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2016.11.28 Monday

ご自宅でNmodeの試聴機が聴けるサービス開始のお知らせ

何時も中々、更新しないブログを覗いて下さいまして、誠に有難う御座います。

 

今日は新サービスのお知らせです。

お客様からのお問い合わせを頂く内容で、一番多いのが

「近くでNmodeを聴ける販売店が無い」です。

そこで、ご自宅でNmodeの試聴が出来る新サービスを始めます。

試聴機を置いて頂いている御販売店様で聴いて頂くのはもちろん有り難い事ですが、

「いざ自分の部屋で、自分の持っている他の機器との相性はどうなのか?」、

1bitアンプの音とは、他のデジタルアンプとは、どう違うのか?」。

そのお悩みにお答えします。

特に貸出料金などは必要有りませんが、弊社への返送時の送料だけは、お客様自身のご負担でお願い致します。

尚、試聴機貸出には幾つかルールが御座いますので、ご確認の上、納得された方は、

弊社までメール(info@nmode.jp)かお電話(092-403-1003)でお問い合わせ下さい。

 

【試聴機貸出ルール】

1. 貸出期間:1週間(お客様宅に届いた日から)

2. 貸出場所:ご自宅(営業目的、他者への又貸しはご遠慮下さい)

3. 送料:弊社からは元払いでお送りしますので、返送の際はお客様負担となります。

4. ご本人様の確認:身分証明書(免許証、パスポート等)をご提示ください。

5. 試聴機の取扱について:ボンネットを開けたり、改造等はお断りします。

返送時は付属品の有無を確かめて送って下さい。

万が一、付属品の欠品、試聴機に傷、破損、紛失された場合は相当分の金額をご請求させて頂きます。

6. 試聴機には数に限りが御座います。ご希望の日程にお送り出来ない場合も御座いますので、お気軽にご相談下さい。

PM7

 

この機会に是非、Nmode1bitアンプを体験して下さい。

 

 

2013.09.17 Tuesday

音楽に浸った2日間

お彼岸も近くなり、こちら福岡の朝晩はめっきり涼しくなり秋の気配が感じとれます。

そろそろ秋の試聴会の時期がやってまいりました。
何時も試聴会などでデモする曲やアーティストに悩んでます。
出来るだけ新しく、良い音で、しかも楽しい音楽をデモしたいと思ってますが、
ついつい何時もと同じCDを使うことが多いのです。
FMラジオを聴いたり、LIVEに出かけたりして物色しています。

そこで新しい音楽を求めて去る9月13日、14日の2日間は「中州JAZZ 2013」に行って来ました。
http://nakasujazz.net/index02.html
今年で5年目のイベントです。九州を代表する歓楽街の中州がJAZZ一色に包まれます。
野外ステージやストリートLIVE、インストアステージもあちらこちらで行われます。
中州タイトル
しかも基本的に音楽を聴くのはタダ(無料)なんです。
一部のインストアステージは1ドリンク注文などの所もありますが、それでも安い。
運営金はパンフレットやTシャツ、ハンドタオルなどの販売で賄われてます。
もちろん私も買わせて頂きました。初日は5ステージ、2日目も5ステージを夕方から夜の10時まで堪能しました。
野外
会場は何処も凄い熱気でした。
会社帰りのサラリーマン、親子連れ、仲の良さそうな老夫婦など老若男女が音楽を楽しんでました。
アーティスト達もJAZZに拘らず、ロックやブルース、R&Bといった楽曲を楽しそうに演奏していました。
やはり生音、LIVEに勝るものは無いですね!最後はアーティストとオーディエンスとのコール&レスポンスの嵐です。
素晴らしい一時を味わいました。自分好みの音楽も見つけましたので早速CD買いました!
そして今月末の28日、29日は福岡天神の街が、音楽一色に包まれる「ミュージック・シティ・天神 2013」が行われます。
http://www.musiccitytenjin.com/
又、新しい音楽を求めて聴きに行きたいと思ってます。

10月に入ると試聴会が始まりますので、改めてお知らせします。

2011.09.08 Thursday

「X-PM1」を想う・・・・

夏休みが終わり、このところ九州では少しずつですが秋の気配が感じ取れます。
更新がすっかり、遅くなりました。
「Nmodeの部屋」の第二弾は「X-PM1」についてお話します。


2008年に螢螢螢奪としてスタートしてから最初に世に送り出したのが「X-PM1」です。
現在のNmodeのアンプ群は1Bit方式のデジタルアンプですが、「X-PM1」は通常のPWM方式を採用。
本来であれば、弊社の代表が以前某メーカーで1Bitアンプを手掛けていましたので、最初から1bitアンプを出したかったのですが、その当時はなかなか良い1Bitアンプ用のチップが有りませんでした。
試行錯誤を繰り返しPWM方式の「X-PM1」を発売致しました。
しかし、それが思わぬ名器の誕生となったのです。

スペックは以下の通りです。


高いスピーカー駆動力を有する「トライパス社CLASS T」をフル活用した高音質のデジタルアンプです。
電源部は120VAの強力Rコアトランスと1000μFの小容量ケミコンを±各9個並列接続で採用した低インピーダンス設計。
セレクターとボリュームのみの、音楽を聴くために、必要最小限な機能に拘ったシンプルな顔立ちです。


その音はデジタルアンプらしい、広くフラットな周波数特性を実現したクリアなサウンドです。
又、全体的にスケール感があり、特に低域方向は、大型スピーカーを余裕で駆動するドライブ力が有りました。
しかも決して重苦しい低域では無く、立ち上がりの早いタイトな仕上がりでした。
残念ながら「X-PM1」は既に生産完了品となってしまいましたが、今でもお問い合わせを頂くことが有ります。
個人的にも非常にバランスの取れた好きなアンプでした。
発売時は「よくこんな小さな筐体から、こんな凄い音が出ますね!」と驚かれたものです。
その後、新製品の開発中に派生した「X-PM1」をブラッシュアップした限定生産の「X-PM1SR」も人気のアイテムとなりました。

お陰様でNmodeの記念すべき第一号機「X-PM1」は各方面で好評を頂き、このノウハウを引き継ぎ、
いよいよ1Bit方式の「X-PM2」が誕生するのです。

次項では「X-PM2」「X-PM2F」について


 

2011.08.05 Friday

リニューアル1弾 エコな製品群

 ようこそ「Nmodeの部屋」へ!
株式会社リリックもお陰様で4年目に突入しました。
ここ最近、日本国内ではあまり良いニュースは聞かれませんが、Nmodeも
「なでしこジャパン」に負けないように、最後まで諦めること無く、良い製品を作って行きたいと思っております。
そこで今回、ブログ改め「Nmodeの部屋」を開設することとしました。
この部屋では、Nmode製品に関する情報や、各製品の音質の特徴。
一般的なオーディオ用語の解説などを、出来るだけ分かり易い言葉でお話ししたいと思っております。
定期的に掲載してゆく予定ですので、これからのNmode製品選びの参考にして下さい。


1. エコな製品群
記念すべき第一回目のお話は「エコ」から始めます。
このところ「節電」が毎日の様に叫ばれ、その為の方法論が色々と話題になっています。
その時の目安となるのが「消費電力」です。
一般家電製品には各製品群によって「消費電力」の違いがあります。

●主な家電製品の消費電力比較
 

製品名

  消費電力

エアコン

300W2000W

電子レンジ

1000W3000W

アイロン

1000W1400W

冷蔵庫

300W500W

ドライヤー

600W1200W

液晶TV

100W250W

ノートPC

50W100W

扇風機

15W50W

※上記の表はあくまでも目安です。製品クラスや使用状況によって異なります。

例えば、消費電力が400W前後のエアコンを毎日24時間つけっぱなしで1か月使うと大体ですが、
約4,000〜6,000円位の電気代が必要となります(使用環境、時期によって異なります)。
オーディオの世界も製品によって、様々な消費電力の違いがあります。
そのなかでも一番、長時間に渡り電源を入れっぱなしにするのがアンプだと思います。
アンプの中にはエアコンと変わらない位の消費電力が必要なアンプもあります。
その分の発熱も相当なものです。

Nmodeのアンプは殆どが、極端に低い消費電力でドライブ出来ます。
その中でもX-PM2は最大時で7.2W、アイドリング時はなんと3Wの消費電力です。
 
最大時で1か月付けっぱなしでも(そんな事はあり得ませんが!)
1か月の電気代は100〜120円程度と豆電球並みの消費電力です。

●Nmode製品の消費電力比較

製品名 消費電力
X-PM1 42W/9W
X-PM2 7.2W/3W
X-PM2F 18.1W/7w
X-PM10 24W/7.2W
※左が最大時、右がアイドリング時。

一番、消費電力が高いX-PM1でも1か月、650円程度です。
 

発熱も殆ど有りません。
Nmodeの製品群は、今の時代に合った地球に優しい、エコロジー製品なのです。
もちろん音質も妥協を許しませんが、その詳しい内容は各製品のご紹介を順次アップして行きます。

次回はNmodeアンプの第一号機、名器!X-PM1についてお話します。お楽しみに!

Powered by
30days Album