ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< イベント参加のお知らせ | main | プロト機完成です! >>
2017.10.28 Saturday

X-DP10新ドライバについて

DAコンバーターにおける技術は日進月歩ですが、今回X-DP10はUSBデータ転送方式の

最新技術「Bulk Pet」に対応しました。

X-DP10リモコン
 

 

USB Audio Classではオーディオデータの転送はIsochronous(アイソクロナス)方式で転送されています。
これはリアルタイム性を重視し、周期的に決まった量のデータを転送する方式です。

間欠的にデータを最速で転送するため、その際にHost側 CPUとDevice側 CPUに定期的に

高い処理負荷がかかります。

高い処理負荷がかかると、音質への影響が発生します。
この方式の利点として、転送するデータ量と転送サイクルを任意にコントロールすることが出来ます。

「Bulk Pet」では、転送するデータをできるだけ少なくし、連続的なデータ転送にすることで、
Host側CPUとDevice側CPUの処理負荷を安定的にすることにより、音質の改善が可能となります。

※Bulk Petはインターフェイス株式会社の登録商標です

※Bulk Petについての詳しい内容はインターフェイス株式会社のサイトをご参照下さい。

https://www.itf.co.jp/

 

「Bulk Pet」のドライバをインストールする為には、ファームウェアが更新済みのX-DP10が必要です。

旧バージョンのX-DP10をお持ちのお客様はファームウェアを更新する必要があります。

更新はWindows PCからしか出来ません。

ファームウェアのアップデータと「Bulk Pet」のドライバはNmodeサイトのX-DP10のページの巻末から、

ダウンロードして下さい。

http://www.nmode.jp/product/Nmode_third_X-DP10.html

こちらの画像がX-DP10のページの巻末です。

「Bulk Pet用ドライバ」はこれまでのIsochronous(アイソクロナス)方式と併用して使用出来ます。

「Bulk Pet用ドライバ」と「JPLAY用ドライバ」の共存は出来ません。

Bulk Pet対応ドライバをインストールするとJPLAYは使用出来なくなります

JPLAYユーザーの方はこのドライバーをインストールしないようにして下さい。

 

尚、大変申し訳御座いませんが、Macしかお持ちで無いお客様はX-DP10本体をNmodeに送って下さい。

Nmodeでアップデートを行います。その際の送料はお客様のご負担となります。

 

前回、ご案内した「秋のヘッドフォン祭 2017」と

「第27回 オーディオセッション in OSAKA 2017」では、

「Bulk Pet」での再生を体験出来ます。

是非、お待ちしております。

 

 

 

Powered by
30days Album